アウトプットは最大のインプット

ここ最近、当事務所では、夜な夜な「アウトプット会」なるものが開催されています。
どんな会かと言うと、名前のとおり「他人に何かをアウトプットする」会です(笑)

この活動の目的はふたつ!
・知識の定着
・説明力の向上

そもそもなぜこの活動が始まったかというと、
せっかくインプットした知識も、何もしなければすぐに忘れてしまう。
強引にでも誰かにアウトプットする機会を作ろう!と考えたのが始まりでした。

会計税務の話って小難しくて硬い印象じゃないですか?

そんな取っつきにくい話をお客様に理解してもらうためには
小学生でも理解できるような説明力が必要です。
そのためには日々興味のあることをテーマに、自分なりに「勉強」し、伝え方を「研究」する。

そして一番大事なのは「実践」を重ねる。
これがなかなか楽しいんです!

開催については、やりたい人が誰かを誘って日にちを決め、
その日に向けて準備を行うという自由なスタイル。
アウトプットの仕方も基本自由で、ホワイトボードを使ってもよし、対話形式でもよし。
(今後は相手がオンラインの場合での伝え方も練習しなければ!)

ポイントは、
なるべく資料は簡潔に。(できればA4ペラ1枚に収める)
なるべく時間をかけずに。(伝え方の工夫)
なるべく興味を持ってもらう。(面白い!聞いて良かった!と思わせる)

やってみると、どんどん課題が出てきて、

「次回、もう1回同じテーマでやっていい?」
と再チャレンジを試みたり、

「どんな方法がより伝わるか」
という議論が展開されたり、

とても有意義です。

また、仕事に直接関係のないことでも、
自分の得意分野をテーマにすることで、他人の新たな面を発見することができます。

ひとつ問題があるとすれば、会の名前がイマイチなこと・・・
もっと良い名前ないですかね。。

メールでのお問い合わせ
STAFF BLOG