新米、試される・・・。

 

新米税理士は、日々勉強の連続です。

 

 

 

 

 

この日は、顧問契約が予定されている会社の会長様とお会いすることになりました。

 

 

場所は、さいたま市内の某所。

 

 

 

会長様の会社は、この厳しい経済状況のなか粗利は〇〇%、売上は〇〇億円という驚異的な決算内容とお聞きしております。

 

 

このような成長企業の創業者様は、新しいことに次々と挑戦し、周囲がうんざりするほどエネルギーと意欲に満ち溢れた方が多いのですが・・・。

 

 

 

約束のお店でお会いし、名刺交換のあと、めずらしい料理をいただきながら暫し歓談。

 

 

 

このあと2軒目に移動。

 

 

ここで社長様が、仕入先の社長様方と合流。

 

 

 

仕入先の社長様は、なんと年齢30歳前後とお見受けする都内の青年実業家です。

 

 

会社設立3期目とお聞きするや、すかさず「そろそろ税務調査がありそうだね。うちの事務所は税務調査に強いよ!」と少し営業もさせていただきました。

 

 

 

そうこうするうちに、会長様が「次、行こう!」とおっしゃいました。

 

 

何か、試されている感じです。

 

 

 

そして、3軒目は、4軒目へと続きました・・・。

 

 

 

4143704632_ea9be746e3_m.jpgのサムネール画像 

 

 

 

ようやく開放されたときは、翌日になっていました。

 

 

 

 

 

別れ際に、会長様がおっしゃいました。

 

 

「丸山さん、次に会うときは”マルちゃん”だからな!」

 

 

握手もしていただき、どうやら会長様に認めていただけたようです。

 

 

ほっと、いたしました。

 

 

 

 

 

会長様は、人に語れないようなたいへんな苦労をされて、会社をここまで大きくされたようです。

 

 

それゆえに、期待どおりに、いやそれ以上にエネルギーに満ち溢れたカリスマ経営者でした。

 

 

 

お話を聞くにつれ、日本の中小企業が抱えている問題はここにもありました。

 

 

今後の経営計画、事業承継・・・。

 

 

 

我が事務所でお手伝いできる事柄が、たくさんありそうです。

 

 

全力で取り組むことをお約束いたします。

 

 

 (丸山)

 

 

 

メールでのお問い合わせ
STAFF BLOG